薬害とうつ病 向精神薬は一番安易な道だけど、一番苦難をもたらします

2016/11/22 11:28
うつ病の悪化原因は抗うつ剤の可能性? 抗うつ剤の副作用や離脱症状をうつ病の悪化によるものだと思ってしまう。それでもっと抗うつ剤に依存をしてしまう。これは実はうつ病の悪化ではなく、薬のせい(薬害)によるものだというケースはとっても多いです。私もそうでした。現在、抗うつ剤を断薬成功してからは、鬱病の症状は出ていません、一切です!何度もブログに書きましたが、そもそも私は不眠症で精神科に行きました。そして精神科医に言われるまま、無知な私は抗うつ剤まで飲み続け、いつのまにか薬の害によ..

続きを読む

精神科医と向精神薬の闇と薬害を指摘しているサイト

2016/11/21 21:53
精神医療と精神科医と抗うつ剤の闇と薬害について書いているサイト精神治療業界の闇を暴露する精神科医【医療の闇】うつ病は精神科医が作る。今後うつ病患者が急増する悲しい理由躁鬱病の末路は薬害の結果です。薬無しで治るんです!家族うつ病体験記 家族が見た息子のうつ病治療と治った記録薬害研究センター大うつ病からの回復と僕の生い立ち、そして雑感どれも精神医療と薬害の問題について舌鋒鋭く書いています。探せばいくらでもあります。医者といっても、精神科医は外科医や内科医と同じ見てはいけません。外..

続きを読む

岩波先生の治療中に勝手に急な減薬し大失敗!

2016/11/20 15:54
岩波先生のプログラムですぐに効果が出てくれた 岩波先生の脳内・無意識訴求技術で、潜在意識のストレス負荷を取り除くことができ、ものすごく楽になりました。通うごとに(恐怖感はあるものの)明らかにコンディションがあがっていきました。ずっとぼやけていた視界がはっきりクリアになり、ずっと重い頭が軽やかになっている自分を発見した時は、思わず岩波先生を抱きしめそうになりました。それぐらい感動したのです。 私はここで調子に乗ってしまいました。メール担当に人からも、岩波先生からも、抗うつ剤..

続きを読む

社会に抗うつ剤で殺されないように自衛しよう 薬なしでもうつ病は解決できる

2016/11/19 15:19
精神医療、特に向精神薬、抗うつ剤を全面的に信頼してはいけない 精神科、心療内科など精神医療の世界がしっかりしているかと問われれば、けっこうやばい所がいっぱいあります。立派な人がたくさんいると信じたいですが、精神医学界の怪しげな話、怖い話はよく耳にします。 かなりグレーゾーンがあり、抗うつ薬や向精神薬を服用しなくてはいけない人は気をつけて下さい。うつ病に殺されるのではなく、向精神薬、抗うつ薬に殺されるのではなく、そういう社会の仕組みに社会的に抹殺されることは避けたほうがいい..

続きを読む

抗うつ薬は悪魔の薬!? 精神科医はバカ? 無能? 立派?

2015/08/08 17:06
うつ病への認識不足と精神科医の安易な抗うつ薬処方の問題 私はもともと精神的ストレスで不眠症になるまで、あまり精神疾患や神経症的な症状とは無縁で暮らしていました。それについてはこちらをご覧ください 気軽に睡眠薬をもらいに精神科医に行きました。しかし、睡眠薬をもらえたのですが、二回目に受診した時に私は細かく多くのストレスに短期間で晒されて、とてもきついこと、落ち込むことを告げました。 二回目だし精神科医とコミュニケーションをとろうと、そして自分を知ってもらおうと話したことが..

続きを読む

精神科医、それは医原病をつくる、薬の自動販売機、薬の売人、薬の仲買人・・・

2015/03/11 17:21
私が精神科を受診したのは、不眠症が続き、精神的な不調と抑うつ状態(うつ病ではありませんでした)でスランプに陥っていたからでした。今思えば安易な受診でありました。まずは不眠症をどうにかしたかったので、睡眠薬をもらうために近くの精神科に行きました。私はもともとどこでも快眠できるタイプの人間で、図太いところがありました。しかし、失恋、母親の死、仕事面でも、リストラの余波で仕事量が一気に増えてしまったことが重なり、不眠症になってしまいました。 加えて、毎日仕事は残業で睡眠時間が..

続きを読む

もっと見る