心療内科、精神科でうつ病悪化? 副作用? セロトニン症候群を疑おう

2017/06/10 13:14
心療内科、精神科で抗うつ剤を処方されて、医者の言われるまま飲みつづけ、治療をしていると思っている方は多いでしょう。うつ病の人に限らず、心療内科、精神科で治療を受けている人で、こんな症状になっている人はいないでしょうか? いわゆるセロトニン症候群です。抗うつ剤は脳内のセロトニン濃度をコントロールしようという薬ですが、そう理想通りにいかないのが現状です。そして、その副作用としてセロトニン症候群になる人は大勢います。 自律神経が乱れやすくなります。薬の量が増え、セロトニン分..

続きを読む

仕切り直しで岩波先生のプログラムを受け直す。そして医原病を克服しました

2016/11/20 16:32
減薬失敗後の苦労 抗うつ剤の減薬大失敗で、再び脳と体のコンディションが悪くなった私は、岩波先生の技術に頼るしかありませんでした。二回ほどはリハビリみたいな感じだった。怖さが強くなっていて、相当自分が弱っていると感じました。以前のコンディションが一気に上がったほどの効果はありませんでしたが、このリハビリがなければ次には進めなかったのかもしれません。 家で体と心を柔らかくする課題をやりまくっていきました。減薬失敗の遅れを取り戻すために。 脳覚醒トランス状態の効果が再び出始め..

続きを読む

もっと見る