精神科による向精神薬漬けから廃人にされそうになった男が立ち直った話

精神科、心療内科で安易に出される向精神薬はやばいです。
安易に情報なく服用していると、人生を台無しにしてしまうし、場合によっては破滅します。
どれだけ精神科医や心療内科医によって向精神薬を大量に処方され、何にも考えず、薬を飲めばうつ病や神経症が治ると思って服用し続けた人が廃人になっているでしょうか。

中には優秀な精神科医もお医者さんもいると思いますが、精神医療全体で考えた場合、本気で考えないといけない問題です!
ほんとうにやばいです。
薬漬けになった人は、本当にひどい状態です。
まともな思考回路が破壊されていますし、話した時の反応が人の何十倍も遅いし、常にボーッとしているので外を普通にあることすら危険です。

alcoholism-treatment-2714477_960_720.jpg

もし今大量に向精神薬を飲んでいる人がいたら、ちょっと考えないといけないと思います。
向精神薬を服用しなくてはいけない人もいることは確かですが、社会生活を普通に送るために頑張っている人は、向精神薬ではいつまでも根本的に治ることはないことを気づいて欲しいと思います。

本当に本当にやばいです。
まさかお医者さんがひどいことをするなんて、と思うかもしれませんが、精神医療全体の方向性が大きく間違っています。
製薬会社薬を売れば売るほど儲かるから、利益追求のためには沢山の人に向精神薬を飲ませようとします。
しかし、この薬は飲めば飲むほど、期間が長引けば長引くほど、廃人に変えていきます。

脅かすつもりはありませんが、無知のままでいることが一番の恐怖です。
よく知った上で、薬を飲み続けるならば誰も止める権利はありません。
なんにも知らないでお医者さんのいったことだから、と素直に信じ続けることで廃人に一歩でも近づく人がいなくなることを祈ります!

この記事へのコメント