本当に精神科医の言うまま薬物療法を続けたらどうなる?

alone-62253_960_720.jpg
精神科、薬物療法の実態とやばさ

あまり考えずに、そして軽い気持ちで精神科や心療内科にいかないほうがいいと私は思います。
行くことは駄目と行っているわけではありません。
自分の人生を薬によって左右されてはいけないという意味で、向精神薬や抗うつ薬を軽く見てはいけないという意味で書いています。

強く自分を戒めて下さい。
つらいのはわかりますが、精神科医が出してくれる薬はつらさを消してくれ続けるわけではないのです。
人により薬と相性があい、気持ちが楽になってくれますが、地獄の扉が開いたサインなのかもしれません。
気持ちが楽になって、根本的に心の中のストレス源を解決したり、環境を変えたりしないまま薬に頼ったら自滅します。

向精神薬が合わずに異様な眠気やだるさやちょっと行き過ぎた行動力が出てしまったのならば、それが薬の本来の威力だと思って下さい。
決して鬱病の症状だけでそうなっているわけではないのです。
異常な倦怠感や眠気やハイテンションになってしまうのは、薬のパワーです。
うまく自分の体に適応していたとしても、それらの異常なパワーが向精神薬に秘められています。

いつ牙をむくかわかりません。
向精神薬を飲み続けていたら、根本的解決がないままだと、いずれ気持ちが落ち込む時が来ます。
向精神薬に体が慣れてしまい、薬の効力が発揮されなくなります。
いつその日が来るか誰にもわかりません。

私が精神科医に薬漬けの社会不適合者にされるまで


私はかかりつけの精神科医に抗うつ薬を飲んでいても気持ちが上向かないことを告げました。
そうしたら、薬の量を増やされました。
その量は私の頭をボケさせました。
気力、集中力、記憶力がなくなり、頭がずっとぼーっとしていて、その気だるさは起きているのか眠っているのかわからないぐらい酷いものでした。

向精神薬は量が二倍に増えたら、異常な眠気や気だるさが二倍に増えるわけで、それでは脳が完全に使い物にならなくなるのは当たり前です。
仕事も普通に働くことが難しくなるし、ミスも増えました。
生きていても先行きの明るさが感じられないから、死にたくなります。
休職をしても「うつ病」が治らない。

精神科医は薬をとっかえひっかえ試しました。
しかしうつ病が解決に向かうことはありませんでした。

精神科医に薬を貰いに行くときの惨めったらしさといったらありゃしません!
俺は何をやっているのだろう・・・・どこで俺の人生間違えた?

抗うつ薬のやばさや精神医療のひどさと実態を知った時、すでに私の体は薬物依存状態でした。
薬に完全に慣らされてしまい、急いで減薬をしたものの、今度は離脱症状の苦しさで地獄を見ました。

不眠症とちょっとした抑うつ状態だった私が、社会生活を続けられなくなったのはそういうことがあったからです。


精神科と精神医療のことを今一度考えよう

だからこれから精神科で治療を受けようと考えている人は、今一度立ち止まって考えて下さい。
その上で決心するならば、それは誰に求める権利はありません。
精神科は無いよりあった方がいいに決まっています。

しかし、私のように気軽で安易に利用すると、下手をすると地獄を見ます。

🏥当ブログ目次と他記事

この記事へのコメント