抗うつ薬は悪魔の薬!? 精神科医はバカ? 無能? 立派?

medications-342449_960_720.jpg
うつ病への認識不足と精神科医の安易な抗うつ薬処方の問題

私はもともと精神的ストレスで不眠症になるまで、あまり精神疾患や神経症的な症状とは無縁で暮らしていました。
それについてはこちらをご覧ください

気軽に睡眠薬をもらいに精神科医に行きました。
しかし、睡眠薬をもらえたのですが、二回目に受診した時に私は細かく多くのストレスに短期間で晒されて、とてもきついこと、落ち込むことを告げました。

二回目だし精神科医とコミュニケーションをとろうと、そして自分を知ってもらおうと話したことが、ひどい災厄をもたらしました。
こいつは落ち込んでいる、病んでいる、うつ病かそれに近い状態だと診断されたのだろうか…
人の話もろくに聞いていないような感じがした。

出された薬は抗うつ薬だった。
うつ病かもしれない。
効く薬を出しておくと言われたから、その時私は抗うつ薬だとはわからなかった。
無知すぎた。

当時の私はうつ病は心の風邪だと言われているのを信じていて、ちょっとした落ち込みが続くこと、不眠症が続くレベルでも使うと思っていた。
だから、抗うつ薬を出されても、飲み続けるのは嫌だなと思いながらも、安易に服用し始めた。

もちろん睡眠薬だけで良かったレベルだったから、あまりに重い薬を出されてしまったわけです。
しかし、このときよく調べておけば、医原病にならなくて住んでいたものを…

服用の効果は最初のうちは気持ちが楽になった。
心も落ち着いたし、上向きも感じられ、効果を感じられた。

服用の必要もない抗うつ薬でうつ病になっていく

しかし、飲み続けていくうちにいきなり副作用が出始めた。
精神科医に言われるまま服用していた私がバカだったのは言うまでもないけれど、この副作用を私はうつ病の悪化だととらえてしまった。
だから、すぐ精神科医に相談しに行った。

薬を変えられた。
抗うつ薬の種類が変わっただけで、特に話もされずすぐ診察は終わった

薬を飲まなくても、一時的な落ち込み(失恋と母の死と仕事量の増加とストレスが一気に押し寄せたことによる抑うつ状態)で時間が解決してくれただろうに、明日の仕事のために不眠症を何とかしようとしたことが最大の過ちだった。
もちろんこの精神科医に会ったことも最悪な出会いの一つでもあります。

私は次第に抗うつ薬依存から抜け出せなくなってしまいました。
そしていつのまにかうつ病になっていったようなものです。

一時的な落ち込みで終わっていた所、慢性的な死ぬよりも苦しいと言われるうつ病になってしまいました。
抗うつ薬は悪魔の薬では決して無いけれど、中長期依存と量の増加によっては、悪魔の薬となってしまいます。

抗うつ薬の限界と悪魔の薬 精神科医はバカなのか?

一生抗うつ薬を飲み続けていきたいですか?
生活の質を保ち続けられる保証はありません。
抗うつ薬は非常に強い薬です。
体に過大な負担がかかり続け、副作用で心身を蝕んでいきます。

私は表面的対策を取ることしかできない抗うつ薬を飲み続けることは絶対にオススメしません。
私が苦しみぬいたからです。
うつ病でもないのにうつ病にさせられるほど、心を混乱させてメチャクチャにしてしまいます。

でも抗うつ薬で助かっている人も否定するわけではありません。
正しくしっかり認識しなければ取り返しがつかないことになるということをいいたいのです。

そして精神科医はすばらしい人格者もいますが、薬ただ出すだけのどうしようもない人もいます。
精神科医を選ぼうとする医者は、外科医を目指す医者とは違い、能力的に頼りないところがあります。
もちろん偏見だと言われたら謝るしかありませんが、レベルが低いと僕は肌で実感してきました。

こちらも精神科医の方が精神科医はバカだとブログで言っています。
もちろん医者になれるくらいなのである意味バカはいませんが、馬鹿なことをしでかす精神科医は多いと私は思います。

🏥当ブログ目次と他記事

この記事へのコメント