抗うつ薬、抗不安薬だけでは精神疾患は治らない。精神医療の限界

抗うつ剤の副作用と医原病
薬は根本的に精神疾患を治せない

薬で一時的に症状が良くなってもそれで安心してはいけません。
抑え込んでいるだけです。
うつ病がそれで治ったと勘違いする人が多いです。


もしくはうつ病が治ったと思いたい。
しかし、抗うつ薬を辞めるととたんにうつ病が悪化していきます。
それで薬に頼り続けてしまいます。


あくまで抗うつ薬は一時しのぎをする対症療法だということは忘れないでください。


私はやっぱり薬を飲めばなんとかなるという安易な考えでいました。
睡眠薬を気軽に飲めばいい。
落ち込んだら抗うつ薬を飲めばいい。
飲んでいるうちに治っているという考えでした。
それでとても大きなしっぺ返しをうけました。


向精神薬のやばさと効果効能両方をしっかり認識しよう

これは人生を失ってしまう甘い考えです。
人生は甘く考える時があってもいいけれど、向精神薬、抗うつ薬に関してだけは決して甘く気軽に考えないでください。

一度向精神薬依存の罠におちいるとぬけだせなくなります。
もがくほど依存していき、副作用もひどくなっていく悪夢が待ちかねている、そんな可能性が誰にでも起きうる。


精神科医は経験豊富で様々な患者のデータを持っています。
しかし、本人は同じ症状にかかったわけではありません。
精神病、神経症、~不安障害、うつ病…になってわけではないから、その苦しみやその本質がわかっていない。

あくまで外部からしか眺められないのです。
そして結局向精神薬や抗不安薬や抗うつ薬を出すしかない。
精神科医が悪いのではなく、精神医療がそういうものだということです。

つまり根本的な問題がそこにはあります。
薬を出すことしかできない。
その薬が合わなければ、別の薬を出して様子を見る。
薬が効果が出なくなったら、量を増やして様子を見ましょうとなる。

根本から問題を解決する能力も技術もないため、それしかできない。
せいぜい認知行動療法を取り入れて、表面的に対策を取ることだけ(それをやってくれるだけでもありがたいことですが…)

精神医療の問題と限界を知ることが患者側にとって大事です。
けっして向精神薬、抗不安薬、抗うつ薬に依存し続けることはないように気をつけていきましょう。

下手をすると私のように不必要だったのに抗うつ薬を飲むことになり、その副作用と離脱症状で苦しむことになってしまいます。


🏥当ブログ目次と他記事

この記事へのコメント