セロトニン症候群で死亡。うつ病患者の抗うつ剤服用により。副作用の極地。

セロトニン症候群という症例をご存じですか? セロトニンは幸せのホルモンと呼ばれていて、セロトニンが分泌されない人はうつ病になり、セロトニンが適度に分泌されている人は幸せに生きられると言います。 脳内の神経伝達物質であるセロトニンをいじくるのは抗うつ剤(SNRI)の大きな役割ですが、セロトニンが異常に働くことで死亡してしまうという症例が報告されたそうです。イフェクサーという薬の名前を飲んでいたそ…

続きを読む