セロトニン症候群で死亡。うつ病患者の抗うつ剤服用により。副作用の極地。

セロトニン症候群という症例をご存じですか? セロトニンは幸せのホルモンと呼ばれていて、セロトニンが分泌されない人はうつ病になり、セロトニンが適度に分泌されている人は幸せに生きられると言います。 脳内の神経伝達物質であるセロトニンをいじくるのは抗うつ剤(SNRI)の大きな役割ですが、セロトニンが異常に働くことで死亡してしまうという症例が報告されたそうです。イフェクサーという薬の名前を飲んでいたそ…

続きを読む

薬害とうつ病 向精神薬は一番安易な道だけど、一番苦難をもたらします

うつ病の悪化原因は抗うつ剤の可能性? 抗うつ剤の副作用や離脱症状をうつ病の悪化によるものだと思ってしまう。それでもっと抗うつ剤に依存をしてしまう。これは実はうつ病の悪化ではなく、薬のせい(薬害)によるものだというケースはとっても多いです。私もそうでした。現在、抗うつ剤を断薬成功してからは、鬱病の症状は出ていません、一切です!何度もブログに書きましたが、そもそも私は不眠症で精神科に行きました。そ…

続きを読む

精神科医と向精神薬の闇と薬害を指摘しているサイト

精神医療と精神科医と抗うつ剤の闇と薬害について書いているサイト精神治療業界の闇を暴露する精神科医【医療の闇】うつ病は精神科医が作る。今後うつ病患者が急増する悲しい理由躁鬱病の末路は薬害の結果です。薬無しで治るんです!家族うつ病体験記 家族が見た息子のうつ病治療と治った記録薬害研究センター大うつ病からの回復と僕の生い立ち、そして雑感どれも精神医療と薬害の問題について舌鋒鋭く書いています。探せばいく…

続きを読む

仕切り直しで岩波先生のプログラムを受け直す。そして医原病を克服しました

減薬失敗後の苦労 抗うつ剤の減薬大失敗で、再び脳と体のコンディションが悪くなった私は、岩波先生の技術に頼るしかありませんでした。二回ほどはリハビリみたいな感じだった。怖さが強くなっていて、相当自分が弱っていると感じました。以前のコンディションが一気に上がったほどの効果はありませんでしたが、このリハビリがなければ次には進めなかったのかもしれません。 家で体と心を柔らかくする課題をやりまくってい…

続きを読む

岩波先生の治療中に勝手に急な減薬し大失敗!

岩波先生のプログラムですぐに効果が出てくれた 岩波先生の脳内・無意識訴求技術で、潜在意識のストレス負荷を取り除くことができ、ものすごく楽になりました。通うごとに(恐怖感はあるものの)明らかにコンディションがあがっていきました。ずっとぼやけていた視界がはっきりクリアになり、ずっと重い頭が軽やかになっている自分を発見した時は、思わず岩波先生を抱きしめそうになりました。それぐらい感動したのです。 …

続きを読む

岩波先生の神経症(うつ病)克服プログラムの評判を知る

岩波先生という名前をはじめて意識 精神科医によって、いつのまにかうつ病患者にさせられ、薬の副作用に苦しめられていた頃、何度か岩波先生の名前をよく目にしていました。しかし、当時は私の苦しさが抗うつ剤の副作用によるものではないと思っていたため、岩波先生の名前は忘れ去られていきました。だんだん私も知恵がつき始めると、精神医学界の抗うつ剤投与の実態(薬をとにかく大量に売れば売上が上がる)に気づきはじめ…

続きを読む

社会に抗うつ剤で殺されないように自衛しよう 薬なしでもうつ病は解決できる

精神医療、特に向精神薬、抗うつ剤を全面的に信頼してはいけない 精神科、心療内科など精神医療の世界がしっかりしているかと問われれば、けっこうやばい所がいっぱいあります。立派な人がたくさんいると信じたいですが、精神医学界の怪しげな話、怖い話はよく耳にします。 かなりグレーゾーンがあり、抗うつ薬や向精神薬を服用しなくてはいけない人は気をつけて下さい。うつ病に殺されるのではなく、向精神薬、抗うつ薬に…

続きを読む

抗うつ薬の離脱症状の地獄を見た男 うつ病でなかった人間がうつ病にさせられる

抗うつ薬の離脱症状の地獄 精神科医と自分の認識の甘さにズルズルと薬物依存状態にさせられたあと、私は向精神薬、抗うつ薬を減らそうと思った。当時、私は抗うつ薬の副作用の酷さがうつ病からくるものなのか、薬害によるものなのかわかりませんでした。一つだけ言えることは、私は薬物依存状態から抜け出せなければ人生がどっちみち終焉していくと認識していたということです。 しかし減薬をすることは地獄でした。地獄の…

続きを読む

抗うつ薬は悪魔の薬!? 精神科医はバカ? 無能? 立派?

うつ病への認識不足と精神科医の安易な抗うつ薬処方の問題 私はもともと精神的ストレスで不眠症になるまで、あまり精神疾患や神経症的な症状とは無縁で暮らしていました。それについてはこちらをご覧ください 気軽に睡眠薬をもらいに精神科医に行きました。しかし、睡眠薬をもらえたのですが、二回目に受診した時に私は細かく多くのストレスに短期間で晒されて、とてもきついこと、落ち込むことを告げました。 二回目だ…

続きを読む

本当に精神科医の言うまま薬物療法を続けたらどうなる?

精神科、薬物療法の実態とやばさ あまり考えずに、そして軽い気持ちで精神科や心療内科にいかないほうがいいと私は思います。行くことは駄目と行っているわけではありません。自分の人生を薬によって左右されてはいけないという意味で、向精神薬や抗うつ薬を軽く見てはいけないという意味で書いています。 強く自分を戒めて下さい。つらいのはわかりますが、精神科医が出してくれる薬はつらさを消してくれ続けるわけではな…

続きを読む

抗うつ薬、抗不安薬だけでは精神疾患は治らない。精神医療の限界

薬は根本的に精神疾患を治せない 薬で一時的に症状が良くなってもそれで安心してはいけません。抑え込んでいるだけです。うつ病がそれで治ったと勘違いする人が多いです。 もしくはうつ病が治ったと思いたい。しかし、抗うつ薬を辞めるととたんにうつ病が悪化していきます。それで薬に頼り続けてしまいます。 あくまで抗うつ薬は一時しのぎをする対症療法だということは忘れないでください。 私はやっぱ…

続きを読む

精神科医、それは医原病をつくる、薬の自動販売機、薬の売人、薬の仲買人・・・

私が精神科を受診したのは、不眠症が続き、精神的な不調と抑うつ状態(うつ病ではありませんでした)でスランプに陥っていたからでした。今思えば安易な受診でありました。まずは不眠症をどうにかしたかったので、睡眠薬をもらうために近くの精神科に行きました。私はもともとどこでも快眠できるタイプの人間で、図太いところがありました。しかし、失恋、母親の死、仕事面でも、リストラの余波で仕事量が一気に増えてしまっ…

続きを読む